CAAC599完成品 2ch版ハードウェア 基本セットアップ

CAAC599完成品2ch版ハードウェア基本セットアップ

このたびは、弊社製品CAAC599完成品2ch版をお買い上げくださいまして、まことにありがとうございました。お買い求めいただきましたCAAC599を正しくお使いいただくためのCAAC599完成品2ch版ハードウェア基本セットアップ方法を説明いたします。CAAC599はクリエート・デザイン社製チャンネルカップラを使用するアンテナの専用コントローラと交換するだけで全自動で無線機の周波数に追従してSWR最小チャンネルへ自動切り替えを行うコントローラです。また、周波数を任意数の周波数帯(最小単位はHz)で指定した一回路六接点中の1接点をオンオフの指定することができます。バンド情報接点として利用することができます。アンテナ接続同時使用最大台数+バンド情報出力台数合わせて四台まで設定できます。ただし、(CAAC599完成品2ch版には接続できる合計アンテナ台数は2台です。)以上の機能に合わせてオプション接点として一回路一接点(リレー式キット版は三回路二接点)を使用することができます。

    • CAAC599の対応しているクリエート・デザイン社製のアンテナ
      CD160、330V-1、330V-1A、BS41、730V-1W、730V-1AW、730-2W、730-2AW、CD78、CD78jr、CD78L、CL40B-5、CL40DX、CY402、714XXW-x BS42 5kW仕様 BS42 標準仕様

      CAAC599に接続してコントロールするアンテナの形式をCAAC599に設定します。クリエート・デザイン社製のアンテナのチャンネルコントロール方法には大きく分けて二つのグループに分けることが出来ます。

      アンテナのグループは(CD160、730V-1W、730V-1AW、BS41、730-2W、730-2AW、CD78、CD78jr、CD78L、CL40B-5、CL40DX、CY402)の標準グループと(330V-1、330V-1A)のマルチグループと言う二つのグループに分かれます。そのグループをCAAC599完成品2ch版に設定します。

    • バンド情報出力

      任意数の周波数帯(最小単位はHz)で指定したで指定した一回路六接点中の1接点をオンオフの指定することができます。バンド情報接点として利用することができます。アンテナ接続同時使用最大台数+バンド情報出力台数合わせて四台まで設定できます。

    • オプション接点
      アンテナコントロール接点やバンド情報出力に合わせて、それぞれの周波数帯で一回路一接点(リレー式キット版は三回路二接点)をオンオフ接点として使用することができます。

      *注意
      CAAC599完成品2ch版には接続できる合計アンテナ基数は2基です。
      CA1コネクタへは標準グループのアンテナと330Vシリーズ等のマルチグループを含む全てのアンテナ一基が接続できます。
      CA2コネクタへは標準グループのアンテナのみ一基接続できます。

      CAAC599完成品2ch版、お買い求め時の初期ジャンパーピン設定は(CD160、BS41、730V-1W、730V-1AW、730-2W、730-2AW、CD78、CD78jr、CD78L、CL40B-5、CL40DX、CY402)の標準グループ設定になっております。標準グループ設定のジャンパーピンの位置は次の通りです。JP2赤、JP5赤、JP1黄、JP4黄、JP3緑、各ジャンパーピンポスト全ての1番と2番にジャンパーピンを差し込んであります。

      CAAC599完成品2ch版のスイッチングデバイスはTLP222A-2を使用しています。
      ディレーティングを考慮してスイッチングできる電圧電流は最大25V250mAです。


      TLP222A―2絶対最大定格

      上記ジャンパーピン設定は標準グループ設定です。

    • ジャンパーピンポストのピン番号の目印
      各ジャンパーピンポストの1番の角に当たるところにLの印が基板に印刷されています。
      各ジャンパーピンポストの2番と3番の周囲にピンを囲むように長四角が基板に印刷されています。

    • ジャンパーピン設定の変更

クリエート・デザイン社製のアンテナ機種
または
バンド情報出力
 CAAC599完成品2ch版のジャンパーピン設定
 標準グループ(CA1又はCA2)
CD160、BS41、730V-1W、730V-1AW、730-2W、730-2AW、CD78、CD78jr、CD78L、CL40B-5、CL40DX、CY402
 JP2赤、JP5赤、JP1黄、JP4黄、JP3緑、各ジャンパーピンポスト全て1番と2番にジャンパーピンを差し込みます。
マルチグループ(CA1のみ)
 330V-1、330V-1A
 JP2赤、JP5赤、JP1黄、JP4黄、JP3緑、各ジャンパーピンポスト全て2番と3番にジャンパーピンを差し込みます。
バンド情報出力 JP2赤、JP5赤、JP1黄、JP4黄、JP3緑、各ジャンパーピンポスト全て1番と2番にジャンパーピンを差し込みます。
ジャンパーピンポストのピン番号の目印
各ジャンパーピンポストの1番の角に当たるところにLの印が基板に印刷されています。
各ジャンパーピンポストの2番と3番の周囲にピンを囲むように長四角が基板に印刷されています。

  • 上カバーの取り外し方

    ジャンパーピン設定の変更やコントロールケーブルを接続変更するためには行うためにはCAAC599完成品2ch版の上カバーを取り外して行います。カバーを外すためには四隅にあるナットを反時計回りに緩めて取り外してください。

  • コントロールケーブルを接続

    クリエート・デザイン社製のアンテナに繋がっているコントロールケーブル又はバンド情報出力コントロールケーブルをCAAC599完成品2ch版のCA1又はCA2に接続する為の結線方法をアンテナの機種又は機能別に説明します。




    CA1とCA2のコネクターはQIコネクタ、信号伝達コネクタ、2550コネクタ、Dupontコネクタ、REコネクタとか色々な呼ばれ方をしているコネクタですがArduinoやマザーボードに使われている2.54mmピッチのピンヘッダ用のコネクタとして、日本ではQIコネクタとか2550コネクタと呼ばれているコネクタを使っています。海外ではHeader Connectorとも言われています。


    QIコネクタ、信号伝達コネクタ、2550コネクタ、Dupontコネクタ、REコネクタ

    *ご注意

    CA1とCA2のコネクタ番号は基板上にCA1、CA2と印刷されている下に白い線があります、この場所が1番です。上へ向かって1番、2番...9番と数えます。CAAC599完成品2ch版では9Pのコネクタが使用されていますが6P+4P等の複数の組み合わせでも使用できます。

    330V-1、330V-1A

    330V-1、330V-1A
    アンテナ側(ATU)
    番号(名称)
      CAAC599完成品2ch版
    CA1コネクタ番号
      DC13V
    200mA
     1 -->   1    
     2 -->  2    
     3 -->  3    
     4 -->  4    
     5 -->  5    
     6 -->  6    
         7 -->  -(マイナス)
     オプション接点9と
    ペア
     -->    
    オプション接点8と
    ペア 
    -->     
    7(+13) ------------------->  +(プラス)
    CAAC599完成品2ch版のジャンパーピン設定
    JP2赤、JP5赤、JP1黄、JP4黄、JP3緑、
    各ジャンパーピンポスト全て2番と3番にジャンパーピンを差し込みます。
    ジャンパーピンポストのピン番号の目印
    各ジャンパーピンポストの1番の角に当たるところにLの印が基板に印刷されています。
    各ジャンパーピンポストの2番と3番の周囲にピンを囲むように長四角が基板に印刷されています

    714XXW-x BS42 5kW仕様 BS42 標準仕様

    714XXW-x BS42 5kW仕様 BS42 標準仕様
    アンテナ側(ATU)
    番号(名称)
      CAAC599完成品2ch版
    CA1コネクタ番号
      DC13V
    200mA
      -->   1    
     L -->  2    
     M -->  3    
    BS42 5kW( H)
    BS42 標準(HH)
    -->  4    
      -->  5    
     LO -->  6    
         7 -->  -(マイナス)
     オプション接点9と
    ペア
     -->    
    オプション接点8と
    ペア 
    -->     
    +13 ------------------->  +(プラス)
    CAAC599設定操作においてBS42 標準のch4はch5とch5はch4と読み替えてください。
    CAAC599完成品2ch版のジャンパーピン設定
    JP2赤、JP5赤、JP1黄、JP4黄、JP3緑、
    各ジャンパーピンポスト全て2番と3番にジャンパーピンを差し込みます。
    ジャンパーピンポストのピン番号の目印
    各ジャンパーピンポストの1番の角に当たるところにLの印が基板に印刷されています。
    各ジャンパーピンポストの2番と3番の周囲にピンを囲むように長四角が基板に印刷されています

    BS41、730V-1W、730V-1AW、730-2W、730-2AW

    BS41、730V-1W、730V-1AW、730-2W、730-2AW
    アンテナ側(ATU)
    番号(名称)
      CAAC599完成品2ch版
    CA1又はCA2コネクタ番号
      DC13V
    200mA
      -->     
     L -->    
    -->    
      -->    
     HH -->    
      -->    
        -->  -(マイナス)
     オプション接点9と
    ペア
     -->    
    オプション接点8と
    ペア 
    -->     
    +13 ------------------->  +(プラス)
    CAAC599完成品2ch版のジャンパーピン設定
    JP2赤、JP5赤、JP1黄、JP4黄、JP3緑、
    各ジャンパーピンポスト全て1番と2番にジャンパーピンを差し込みます。
    ジャンパーピンポストのピン番号の目印
    各ジャンパーピンポストの1番の角に当たるところにLの印が基板に印刷されています。
    各ジャンパーピンポストの2番と3番の周囲にピンを囲むように長四角が基板に印刷されています

    CD78、CD78jr、CD78L

    CD78、CD78jr、CD78L
    アンテナ側(ATU)
    番号(名称)
      CAAC599完成品2ch版
    CA1又はCA2コネクタ番号
      DC13V
    200mA
    -->     
    -->    
    -->    
    -->    
    -->    
      -->    
        -->  -(マイナス)
     オプション接点9と
    ペア
    -->     
     オプション接点8と
    ペア
     -->    
    6(+13) ------------------->  +(プラス)
    CAAC599完成品2ch版のジャンパーピン設定
    JP2赤、JP5赤、JP1黄、JP4黄、JP3緑、
    各ジャンパーピンポスト全て1番と2番にジャンパーピンを差し込みます。
    ジャンパーピンポストのピン番号の目印
    各ジャンパーピンポストの1番の角に当たるところにLの印が基板に印刷されています。
    各ジャンパーピンポストの2番と3番の周囲にピンを囲むように長四角が基板に印刷されています

    CD160

    CD160
    アンテナ側(ATU)
    番号(名称)
      CAAC599完成品2ch版
    CA1又はCA2コネクタ番号
      DC13V
    200mA
      -->     
    1(M) -->    
    2(H) -->    
    3(HH) -->    
      -->    
      -->    
        -->  -(マイナス)
     オプション接点9と
    ペア
     -->    
     オプション接点8と
    ペア
     -->    
    6(+13) ------------------->  +(プラス)
    CAAC599完成品2ch版のジャンパーピン設定
    JP2赤、JP5赤、JP1黄、JP4黄、JP3緑、
    各ジャンパーピンポスト全て1番と2番にジャンパーピンを差し込みます。
    ジャンパーピンポストのピン番号の目印
    各ジャンパーピンポストの1番の角に当たるところにLの印が基板に印刷されています。
    各ジャンパーピンポストの2番と3番の周囲にピンを囲むように長四角が基板に印刷されています

    CY402

    CY402
    アンテナ側(ATU)
    番号(名称)
      CAAC599完成品2ch版
    CA1又はCA2コネクタ番号
      DC13V
    200mA
      -->     
    (L) -->    
      -->    
    (H) -->    
      -->    
      -->    
        -->  -(マイナス)
    オプション接点9と
    ペア 
    -->     
    オプション接点8と
    ペア 
    -->     
    6(+13) ------------------->  +(プラス)
    CAAC599完成品2ch版のジャンパーピン設定
    JP2赤、JP5赤、JP1黄、JP4黄、JP3緑、
    各ジャンパーピンポスト全て1番と2番にジャンパーピンを差し込みます。
    ジャンパーピンポストのピン番号の目印
    各ジャンパーピンポストの1番の角に当たるところにLの印が基板に印刷されています。
    各ジャンパーピンポストの2番と3番の周囲にピンを囲むように長四角が基板に印刷されています

    CL40B-5、CL40DX

    CL40B-5、CL40DX
    アンテナ側(ATU)
    番号(名称)
      CAAC599完成品2ch版
    CA1又はCA2コネクタ番号
      DC13V
    200mA
     電源(-13) -->     
      -->    
      -->    
      -->    
      -->    
      -->    
        -->  -(マイナス)
     オプション接点9と
    ペア
     -->    
     オプション接点8と
    ペア
    -->     
    電源(+13) ------------------->  +(プラス)
    CAAC599完成品2ch版のジャンパーピン設定
    JP2赤、JP5赤、JP1黄、JP4黄、JP3緑、
    各ジャンパーピンポスト全て1番と2番にジャンパーピンを差し込みます。
    ジャンパーピンポストのピン番号の目印
    各ジャンパーピンポストの1番の角に当たるところにLの印が基板に印刷されています。
    各ジャンパーピンポストの2番と3番の周囲にピンを囲むように長四角が基板に印刷されています

    バンド情報出力

    バンド情報出力
    バンド情報接点
    番号(名称)
      CAAC599完成品2ch版
    CA1又はCA2コネクタ番号
     バンド1 -->   1
    バンド 2 -->  2
    バンド 3 -->  3
    バンド 4 -->  4
    バンド 5 -->  5
    バンド 6 -->  6
     共通接点  -->  7
    オプション接点9とペア --> 
    オプション接点8とペア -->
    CAAC599完成品2ch版のジャンパーピン設定
    JP2赤、JP5赤、JP1黄、JP4黄、JP3緑、
    各ジャンパーピンポスト全て2番と3番にジャンパーピンを差し込みます。
    ジャンパーピンポストのピン番号の目印
    各ジャンパーピンポストの1番の角に当たるところにLの印が基板に印刷されています。
    各ジャンパーピンポストの2番と3番の周囲にピンを囲むように長四角が基板に印刷されています

    クリエート・デザイン社製のアンテナに繋がっているコントロールケーブル又はバンド情報出力コントロールケーブルを上記の表の接続を確認して間違いの無いように接続してください。

    *ご注意
    CAAC599完成品2ch版には標準添付としてCA1とCA2用の9PコネクターケーブルのDupontコネクタケーブルが二本標準添付されています。

  • アンテナコントロールケーブル接続コネクタには

    9PコネクターケーブルのDupontコネクタケーブルとアンテナコントロールケーブルとの接続コネクタにはエーモン工業株式会社製の「接続コネクター」がハンダ付け不要で大変便利ですお近くのDIYもしくは通販でお買い求めください。


    パソコンとの接続
    パソコンに装備されているUSB2.0端子へCAAC599完成品2ch版に標準添付されているUSBケーブルで接続してください。コントローラユニットBun CAAC599 MEGA BOARD(Arduino MEGAボード + Bun MEGA sketch)の 供給電源と制御線としてUSB供給又外部電源として2.1mmのプラグでAC-DCアダプターかバッテリーが使用できます。アダプターは中心電極が+で径2.1mmのプラグのものが使用できます。2.1mmのプラグ供給の場合 入力電圧(推奨)7-12V 入力電圧(限界)6-20Vです。消費電流は約120mAですので通常はUSB電源供給の場合電源供給のないパッシブUSBでも使用できますが一部パソコンではパワードハブ又は外部電源が必要です。
     
  • Arduino MEGAボードドライバーファイルのインストール
    Windows 10では自動的に組み込まれます。もし、どうしてもCOMポートが作成されない様な場合はDownload the Arduino IDEでダウンロードしてArduino IDEをインストールしてください。32ビットOSではC:¥Program Files¥Arduino¥Driversに64ビットOSではC:¥Program Files(x86)¥Arduino¥Driversにドライバーファイルが格納されていますので手動でデバイスマネージャからドライバーの更新でドライバーファイルの場所を指定してドライバーファイルをインストールしてください。

    パソコンにコントローラユニットBun CAAC599 MEGA BOARD(Arduino MEGAボード + Bun MEGA sketch)が接続されArduino MEGAボードドライバーがインストールされますとCOMポートとして、COM1.....COM20...のようなCOMポートがデバイスマネージャのポートの項で確認できます。
     

  • EMI・EMC・回り込み対策
    ご使用の環境やパワーによっては、パソコン、CAAC599完成品2ch版へのケーブルにフェライトコア等でコモンモード対策を行ってください。弊社のテスト環境は10m高の730V、78jrの直下でUSBケーブル10m以上コントロールケーブル25m以上という悪条件で1kWの運用をを行っていますがパソコンに厳重なコモンモード対策を行っていればCAAC599には障害は発生していません。

    以上で、CAAC599完成品2ch版ハードウェア基本セットアップは完了です。

    FB DX 73&88